『どれを着ても大丈夫』な理想のクローゼットを作るため骨格診断を使って整理してみた

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

クローゼットを整理し自分の着こなせるものだけ残して後は処分する。
定期的にやっていることですが、どうしても『着る服がない!』と同じ服ばかり着ている私。
今回は、骨格診断を利用してクローゼットを整理してみることにしました。

 

骨格診断って知ってますか?

3パターンに分かれた体型に自分の体型を当てはめ、それによって自分に似合う服を選べるようにするものです。
たくさんの本が出ていて私も数冊読んでみたところ私の骨格は『ストレートタイプ』でした。

ストレートタイプはこんな感じ

カラダの特徴:カラダに厚みがあるボン・キュッ・ボンのメリハリ体型。
芸能人では?:藤原紀香さんとか小池栄子さんなど
似合う服:定番でベーシックでシンプル。素材は厚みやハリがある高品質なもの。
例:センタープレスのストレートパンツ、キレイめデニム、タイトスカート、Vネックカシミアニットなど。

 

似合う服と好きな服は違う

自分がストレートタイプだと知った時、納得したのと同時にがっかりしました。だってこれ『おしゃれ』じゃないですよね。日常の今時カジュアルが全く似合わない体型ということ。
ストレートタイプのタレントさんたちを見ても納得です。彼女達って正直言って、ナイスバディでレッドカーペット歩くようなドレスはすごくカッコよくハマるけれど、カジュアルなおしゃれって似合わないですもの。

プロのスタイリストがついた芸能人でもこうなんですから、おしゃれが不得意な一般人の私は素直に『こぎれいなシンプルスタイル』を着るのが一番いいのでしょうね。
無理してストレートタイプ以外のアイテムを身につけても着こなせる感じが全くしないですし。

ホントはナチュラルタイプのルーズだったりごつめアイテムの似合う感じが大好きなのですが、好きな服と似合う服は違うっていうのはこういうことです。

 

最初は基本に忠実に

ストレートタイプの服は、シンプル生活的にはとてもありがたいです。ファッションの流行りに大きく左右されない定番アイテムですから。
正直言ってつまらない気持ちはありますが、これまで目指してもできなかった『どれを着ても大丈夫』なクローゼットが作りやすいんじゃないだろうかと思っています。

ストレートタイプのこぎれいファッションを意識した時に、まず処分したのはページのトップに載せているブーツです。
ナチュラルタイプさんに似合いそうなごついブーツ。理想のブーツをやっと見つけて昨年買ったモノ。初めて行ったバンドのライブに履いていった思い出深いブーツです。
ですが、今回処分することにしました。モノを処分するのに初めてというくらいためらいました。

組み合わせ次第では、もしかしたら履きこなせるのかもしれません。ですが、このブーツを残しておくとまたこれに合わせてナチュラルなタイプの服を買ってしまいます。
まずは、ストレートタイプの自分に似合う服だけ集めて『どれを着ても大丈夫』な理想のクローゼットを作りたい。
完成した後に服で遊ぶ余裕ができてまだ欲しかったら再び買えばいい。そう考えて手放しました。

 

骨格診断の参考にした本たち

実際に診断してらっしゃる方にお願いできればいいのでしょうが、私が住んでいる田舎ではそうはいきません。なのでたくさん本を読みました。
私は紙の本ではなく電子書籍で購入し、それぞれの本のストレートタイプのところだけスクリーンショットで撮り一つのファイルにまとめて読みやすくしています。

以下、読んだ本のタイトルを紹介させていただきます。

運命の11着を選べると女の人生は動きだす

 

運命の11着を選べると女の人生は動きだす(こちらはAmazonリンクです)

※こちらは電子書籍BookLive!(ブックライブ)へのリンクです

 

 

骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

 

骨格診断(R)とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則(こちらはAmazonリンクです)

※こちらは電子書籍BookLive!(ブックライブ)へのリンクです

 

 

あなたの好きな服が、似合う服になる

 

あなたの好きな服が、似合う服になる(こちらはAmazonリンクです)

※こちらは電子書籍BookLive!(ブックライブ)へのリンクです

 

 

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う Bestアイテム事典

 

骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う Bestアイテム事典(こちらはAmazonリンクです)

※こちらは電子書籍BookLive!(ブックライブ)へのリンクです

 

 

 

まとめ

ファッションに興味があり、いろんな服を楽しんで着まわせているような人には骨格診断なんて必要ないのかもしれません。
服の選択の幅が狭くなるなんてつまらないという意見ももっともだと思います。
ですが、何を着ても似合っているのか不安で、上手に着まわせない服が増えていく一方な私のようなファッションオンチにとっては、少しの制限がある方が選びやすいかもしれないと思うようになりました。
もし、悩んでらっしゃる方は、一度調べてみるのも手ではないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

バスや電車は1時間に1本しか通らない田舎在住の40代専業主婦。 人生後悔しないように、1年半前に仕事を辞め家で収入を得る生活にチェンジ。『好きなコトを好きなように好きなだけ』が座右の銘。