ブログなんて好きに書いたらいいんだよ。

ブログには何をどんな風に書いたらいいんだろう?

ブログを始める時、そして始めてから一度は考えることだと思います。

いや、一度じゃないですね。正確には何度も何度も考えるんです。

 

読む人のためになる記事が良いのはわかるけど・・。

ブログで稼ぐ本には一般的に

アフィリエイトを考えて書くブログなら、読む人のためになること書かないと読んでもらえない。
どこの誰ともわからない人間の日記なんて読みますか?

みたいなことが書いてあります。

言ってることはわかりますよ。

わからないことを検索して記事見て助かったこと何度もあります。

とてもありがたいです。

~な方法、 ~なやり方 みたいな教える系の記事、書けたらいいですよね。

私もこんなレベルでも最初はブログ作るの手こずったし、そんな人たちの助けになるなら書いてみようかなと思いました。

 

でもね、書こうと思ったその『~な方法』を検索してみたらすでに同じような記事がすでにたくさんある。

しかも自分よりきちんと詳しくわかりやすく書いてある・・・。

そうなると、せっかく書いても自分の記事をみてもらえる可能性は薄いわけです。

先に掲載されている方達より詳しくわかりやすく伝えることができる人は書いたらいいけど、私は無理して書くのを辞めました。

 

ためになる記事って?

そもそも人のためになる記事ってなんでしょうね?誰のための記事なんでしょう?

ブログひとつとっても、稼ぎ方、ワードプレスなどの設定方法、文の書き方、どんなブログを作るのか・・・。

無数にあります。

もちろん、ネットで何か調べている人はブログについて調べているだけではありません。

健康、ダイエット、ファッション、その他たくさん人それぞれの気になることがあるわけです。

気になるポイントも人それぞれ。

人のためになる記事を考えて書くのもいいけれど、自分が書きたくて書いたことが、知りたい誰かにヒットする方が嬉しくないですか?

ためになるかならないか?なんて書く側が決めるものじゃない。読んだ相手が決めるもの。

何が相手のココロに触れるかわからない。

それがブログの大変さであり面白さじゃないでしょうか?

 

あなたの意見が個性

じゃあ何を書くのか?なんでもいいんですよ。

自分の好きなこと、書きたいことをひたすら書くんです。

買ったモノのこと、見たTVのこと、家族のこと・・・。

これ、そのまま「○○買いました♪」だったらそれこそ上に書いた『どこの誰ともわからない人間の日記』です。

でもとりあえずはそれでもいいです。まず書きましょう。

そして書けるようになったら、それに自分の意見を合わせて書いていく。

同じモノを買った人はいるかもしれない、同じTV観た人はいるかもしれない。

でもそれについて感じたことは違うハズです。

 

たくさん書いていくと、買ったモノの記事も増えて『こういうモノが好きな人なんだ』と伝わる。

TVを見た意見もたくさん書いていくことで『このタレントさんが好きなんだ』『こんな風に考えるんだ』と伝わる。

 

沢山書いていくことでいろんな記事が合わさって、その人のそのブログの個性が見えてくるんじゃないでしょうか?

 

例えば、アイドルのSMAPが好きな人はたくさんいるでしょう。

ロックバンドのBUCK-TICK(バクチク)が好きな人もたくさんいるでしょう。

でも、SMAPとBUCK-TICKの両方を好きな人はちょっと少ないかもしれません。

これも個性でしょう?ちなみにコレは私のことです(笑)

 

まずは書く。稼ぎはそのあと。

どんなブログにするのか?何をテーマに書くのか?を決める時、よく言われるのが

なにかひとつくらい好きなコト、得意なことがあるでしょう?

ですが、私には残念ながら得意なことが何一つありません。

好きなコトだって、ひとつをとことん追求するタイプではなく、音楽聞くのも好きだし本読むのも好きだし・・といろんなことに浅く手を出すタイプ。

こうなると専門的なことはことは書けません。

なので、座右の銘そのままに『好きなコトを好きなように好きなだけ』書くことにしました。

ひとつのことを深く書いてある参考書ではなく、いろんなコトが書いてあって時々ためになる雑誌みたいなブログを目指しています。

 

そんなブログじゃあ人のためにならないから稼げない。と思われるでしょうが、何を書いたらいいか悩んで何も書けないんであれば意味がないでしょう?

勿体ないです。ブログで稼ぐにしても、まずは記事が無いと先には進みませんから。

 

たくさん書いて、記事を増やして、稼ぐのはその後。まずは悩まずに書ける流れを作るために何でも書く。

毎日の出来事全てがネタになると思えば、そのうちネタになることが多すぎて書くのが追いつかなくなるかもしれませんよ。

 

 

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よう

バスや電車は1時間に1本しか通らないほどの田舎在住40代ナマケモノ専業主婦。 人生後悔しないように、1年半前に仕事を辞め家で収入を得る生活にチェンジ。『好きなコトを好きなように好きなだけ』が座右の銘。