犬もそれぞれ。散歩嫌い、人・犬苦手な人見知りだって居るよ。

犬、好きですか?嫌いですか?

私は結婚して犬を飼うまで、あまり犬に近づいたことがありませんでした。

嫌いではないし可愛いとは思うけれど近くに居なかったので、一般的なイメージしかなかったんです。

元気で運動大好きで、毎日散歩に行き、公園でボールを投げてあげれば喜んで取りに行く。ドッグランなど広いところで放してあげたら他の犬と駆け回って遊ぶ・・・。

今思うとCMにでも出てきそうな理想的な犬のイメージですよね(笑)

実際一緒に暮らして見ると違いました。

 

散歩がキライ

外に出るまではいいんですが、家の近所の歩道を歩こうとするとピタリと立ち止まり絶対先に進もうとしません。

根気比べのように歩き出すのを待ってみたこともあるのですが無理でした。

しばらく抱きかかえて先に進み、家がはるか遠くなってから地面に降ろし歩かせると、仕方なく歩いてくれることもありましたがやはり難しい。

 

場所が変われば歩いてくれるかと思い、わざわざ車で公園まで行くと、ようやく歩いてくれました。

しかし、公園散歩でも黒わんこのしっぽは下がったまま(嬉しいと上がります)地面の枯れ葉を巻き込みながらの散歩。

ボールを投げてあげても私のそばに立ったままで取りに走る様子もない。

さらには駐車場に近づくと帰れると思って歩く速度が早くなる。

 

我が家の周りで歩かないのは車が怖いだけだと思っていましたが、やっぱり基本的には散歩がキライなようです。

 

人が苦手

公園で散歩をしていると「あら、可愛い」と近づいてきてくださる方が時々いらっしゃいます。

飼い主としては嬉しいです。

ですがそういう方と止まってお話する状況にならないように歩き続けます。

とても申し訳ないのですが、触られると固まってしまう苦手っぷりなので。

お相手に対して吠えたり危害を加えたりすることが無いのは良いのですが、人懐っこい犬のイメージとはかけ離れています。

近づいてくる人が居ると避けるように速度が早くなる黒わんこに合わせて、ご挨拶だけしながら速足で立ち去る状態です。

 

犬が苦手

おそらく人よりも苦手なのが犬です。

公園では我が家以外にも犬の散歩をされている方がいます。

中には元気なワンちゃんもいるのでトラブルにならないように避けて歩きます。

 

たまに「お友達よ~」と近づいて来られる方もいるのですが、黒わんこは「私は何も見てない!」と言わんばかりに速足で逃げようとします。

しかし、逃げられない場合もあります。

飼い主さんがルールを犯してらっしゃる場合です。

公園でよく見かけるリードを外したワンちゃん達(この時は3匹)。

遠くからでも繋がってないのがわかるので近づかないようにするのですが、相手のワンちゃん達に気づかれてロックオンされたら最後。

ダッシュで駆けてきて黒わんこを取り囲みました。

本人たちは『遊ぼ♪』という気持ちでいるのでしょうが、黒わんこはしっぽ丸めて動けなくなってしまいました。

黒わんこが限界の状態だったので抱え上げたころ、ようやく飼い主さんが「すみませ~ん」と来られました。

犬同士だから仲良くできるだろう、うちの子は遊びたくて行ったんだし。

という感じの雰囲気で悪びれる様子も無い。

こういう方、結構多いです。

 

人も犬もそれぞれ

もしかしたら小さい頃から人や他の犬とたくさん接する機会があればよかったのでしょうか?

いやいやそんなことは考えちゃいけませんね。

人にフレンドリーな方や人見知りな方がいるのと同じこと。

まるで自分が犬であることを忘れたかのように私達夫婦と暮らす黒わんこを見てると幸せで『そんなことどうでもいいかぁ』なんて思います。

 

世の中には、黒わんこのような怖がりな犬、フレンドリーで元気な犬、気が荒い犬などいろいろいます。

飼い主としては犬を可愛いと言ってもらえるのは嬉しいです。

でも犬の性格によっては危害を加えかねないし、犬にとってストレスになる場合もあります。

もし、触りたいなぁと思われた時は急に近づかないで飼い主に一声かけてもらえると嬉しいです。

 

 

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よう

バスや電車は1時間に1本しか通らないほどの田舎在住40代ナマケモノ専業主婦。 人生後悔しないように、1年半前に仕事を辞め家で収入を得る生活にチェンジ。『好きなコトを好きなように好きなだけ』が座右の銘。