我が家の犬が年取ったなぁと思う時

我が家にはメスのミニチュアダックスが居ます。

ここでは『黒わんこ』と呼ばせてください。

彼女と暮らして13年経ちますが、犬と暮らすのが初めての私は今でも戸惑います。

13歳になった彼女と過ごしていると『犬も人と同じように年を取るんだなぁ』と思います。

もちろんまだ元気な日が多いんですけどね。でもいつか元気じゃない日が増えていくんだろうなぁ。

 

どんな時に年とったと思うのか。ちょっと記録しておきたいと思います。

もしかしたら『いやそれ老化じゃないから』ってこともあるかもしれません。

そこはまぁ大目にみてもらえると助かります。

 

こんなこと、誰のなんの役にも立ちませんが私と彼女の想い出になるかもしれないので記録させてください。

 

黒わんこの老化の様子

目が白くなった

これが彼女の老いを意識した最初だった気がします。白内障ですね。

人と同じように・・・といっても白内障の人間が身近にいたことが無いのでよくわかりません。

彼女の眼が白くなっていくのを見て初めて知りました。

まだ見えてはいるようですが、毎日目薬さしててもいつか見えなくなるのかなぁ。

耳が遠くなった

玄関に宅配の人が来たりオットが帰宅したりすると急いで走って行っていました。

しかし、今ではオットが玄関から室内に入ってきたのを見て初めて気づくくらいの状態です。

田舎の古い家なので、床下や天井で動物が騒いでいることがあります。

昔はその音に反応して夜通し吠えるので抱きかかえておとなしくさせていましたが、今では何の反応もしません。

ご近所に迷惑かけることが無くなりホッとした半面、少し寂しいです。

ダックスは耳が垂れているので、めくって『聞こえる?』って遊んだりしてます。

よくコケるようになった

床が滑るとかいうことではなく、崩れるように前に転びます。前脚の筋力が弱くなっているんでしょうね。

散歩中に急に顔から落ちそうになったり、横に倒れるように転び自分でもびっくりした顔をしていたり(笑)

室内でも、ただ立っているときに前方に傾いてきて前足を一歩出して「おっと・・・」って感じで踏ん張ったり、そのままぐしゃっと落ちて顔を打ちそうになってたりします。

ボール持って来なくなった

持っておいで~って言ってるわけではなく、黒わんこの方からおもちゃを持って寄ってきて『投げて♪』と。

これまでは投げてあげると全速力で走っていきくわえて戻ってきてたんですが、最近は、おもちゃのところまで走った後、においを確認し全速力で『帰ってきたよ~♪』って戻ってくるんです。

おもちゃははるか彼方に置いたまま・・・。

『いや、アンタおもちゃ持ってくるの忘れてるけど?』って突っ込んでます(笑)

くしゃみが多い

カラダ全体を使ってするくしゃみを見ているのは可愛らしいのですが、鼻水ふりまいているのを見ると最近多いなぁと心配になります。

病院では「心臓が悪いとそうなる子がいるけどこの子は大丈夫」と言ってもらえたのでひとまず安心なのですが、歯の状態が影響している場合もあるそうで口腔ケア大事です。

突然固まったように動かなくなる

部屋に居る時、歩いていたかと思えば突然一点を見つめて固まったように動かなくなります。

どうした?苦しい?と声をかけても全く反応なし。

1分くらい経つと何事も無かったように動きだすんですけどね。

コレが年齢によるものなのかはわかりませんが見るたびにとても不安になります。

ごはんの好き嫌いが強い

元々あんまり食欲旺盛な子ではないというかドッグフードがキライな子です。

野菜とか刻んでドッグフードの上にのせてあげると食べていたのですが、最近ではそれも効かなくなってきました。

上の野菜だけ食べて知らんぷり。

最近では缶詰の鶏肉などの犬用補助食品をのせてあげても、1度は食べるけど2度目からは食べないとか・・・。

二日くらい食べないことも増えて、体重もピーク時より1キロくらい減りました。

恥ずかしながら、体重が減ったことは動物病院で「ダイエットとかされました?ずいぶん体重落ちてますけど」って尋ねられて初めて気づきました。

ひたすら眠る

朝、ごはんを出しても「キライ」と思えば食べずにベッドへ逆戻り。

『今日水飲んだ?』『トイレ行った?』って心配になるほどひたすら眠り続けたりします。

そういう時は、起きた時もぼーっとしていて犬の機敏さは全くないです。

 

まとめ

こんな風に老化の症状が見える黒わんこですが、動物病院などでお会いした方に年齢を伝えると『見えないわ~』と驚かれます。(飼い主バカですね)

もしかしたら、ごはんのこととか、眠ることとか、『犬ならこれくらい普通』なのかもしれません。

ですが、わからないんですよね。何が正しいのか。

犬を飼ったのが初めてで、周りに犬飼ってる友達もいないしもちろん老犬なんて見たこともなくて・・・。

今でも自分の接し方が正しいのか自信がない時もありますが彼女の最後の日までできるかぎり楽しく一緒に過ごせたらいいなと思っています。

そのために(それだけじゃないけど)仕事辞めたんだから。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

よう

バスや電車は1時間に1本しか通らないほどの田舎在住40代ナマケモノ専業主婦。 人生後悔しないように、1年半前に仕事を辞め家で収入を得る生活にチェンジ。『好きなコトを好きなように好きなだけ』が座右の銘。