本・CD・DVDをネット買取に出してお小遣いを稼ぐためのスムーズな手順

 

お小遣いを稼ぐ手軽な方法として『要らないモノを売る』という手段があります。

この方法は家を片づけることにもなるので定期的にやりたいものです。

 

でもいざやろうとすると私のようなナマケモノは、まず何をやったらいいのか迷い「また今度にしようか・・・」と先延ばしにしてしまったりします。

いつかやらなきゃいけないことなら、できるだけ早く済ませてしまいたいですよね。

 

今回は、本、CD、DVDをネットで買取してくれるサービスを利用する際に、スムーズに進められるよう順序を確認します。

利用したサービスはブックオフのネットストア、ブックオフオンラインの『宅本便』というサービスです。

メジャーなお店ですので、これまでそういうサービスを利用したことが無い方にも安心感があるのではないでしょうか。

 

荷物を発送する日時を決める

宅本便では、本、CD、DVDなどの買い取る荷物を、宅配業者の方が玄関まで取りにきてくれます。

わざわざどこかに持っていく手間も無くてとてもラクです。

いつ、業者さんに来てもらうか?

自分が家に確実に居る日、業者さんに手渡せる日を決めてしまいましょう。まずは決めるだけです。

ここではまだ申し込みません

『最初に片づけをしてから売る日を決める』という方もいらっしゃるでしょう。

ですがナマケモノな私のような方にはお勧めしません。

なぜかというと片づけがズルズルと長引いていつまでたっても先に進まないからです。

長引かせないためにも、目標としては2週間以内の日にちで設定することをおススメします。

 

売るモノを全部集める

売る日にちを決めたら売るものを1か所に全部集めましょう。

『宅本便』では、本なら10冊以上、ゲーム・CD・DVDなら3点以上などの決まりがあります。

その数に満たなければ申し込むことができませんので、まず売るものを集め申し込むことが可能な数かどうかを確認することが大事です。

ここが一番の難関です。ついつい本を読み始めてしまったりしますからね。でもそれは厳禁!

中身は見ないで一瞬で選別していきます。

ちょっとでも迷うモノはひとまず残しておくことにして、まずは『売る』とすぐに言えるものだけ集めていきます。

ひとまず、規定の数を満たしていればそれでOK。また次の機会に売ればいいんですから。

これをやる期間ですが、できれば1日で集めてしまいましょう。

その後段ボールに詰めていく間に「やっぱりアレも売ろうかな」と自然と思えたり気持ちが変化して、出し入れする作業が出てきますから

まずは1日で!

 

段ボールを用意して詰める

売るモノの量がわかったら段ボールを用意します。荷物を集めた翌日には準備したいものです。

ここまで勢いでやっておかないと、部屋の隅に売るものを積んだままホコリをかぶることになりかねません。

 

段ボールはスーパーなどでもらってくるも良し、ホームセンターなどで購入するも良し。

ブックオフオンラインでは、200円で販売もしていますので注文するという手段もあります。

 

ちなみに私は、通販で荷物が届いた時の箱をストックしています。おススメはアマゾンさんの箱。

 

左の写真のように、普通の段ボールは,組み立てると上部も底辺も変わらないですが、

 

 

 


こちらの左写真のアマゾンの箱は、箱の底辺に1枚段ボールが敷いてあるので、本を詰める時補強になります。

正直言ってアマゾンで商品を購入したときには、この底の1枚が邪魔だったり外すのが面倒だったりするのですが今回初めて、役に立つんだなと思いました。
アマゾンさんごめんなさい。

 

 

まぁ、普通の段ボールでも、そこに緩衝材(無ければ新聞紙を厚めに)を敷いたり、外側からガムテープで補強したりすれば大丈夫です。

うまく段ボールに詰めることに手こずったり、上にも書いたように段ボールに入れてから気持ちが変わり出し入れしたりするものです。

荷物を詰めてもまだ段ボールの上部は開けたままにしておきましょう。

 

サイトで『宅本便』を申し込む

ここでやっと買取を申し込みます。

買取金の入金をする銀行口座を入力しなければいけないので、銀行口座のわかるものを準備をして申し込みを始めましょう。

集荷希望日もすでに決めているし、送る段ボール箱数もすでにわかっているので、サクサク入力が進むはずです。

 

買取額が査定された時にどうするか?2つのコースから選びます。

買取金額を確認してから入金してもらうコース確認せずそのまま入金してもらうコース(おまかせ承認)があります。

ちなみに私は、確認して金額に納得がいかなかったら返してもらうなんて面倒なことするつもりはないのでそのまま入金してもらう『おまかせ承認』で申し込みました。

 

本人確認書類を用意

免許証など、本人確認書類の画像アップロードが必要です。

私はウェブ上からアップロードしたくなかったため、コピーして買取品を入れた箱に同封しました。(上の画像でチラっと見えるのが本人確認書類です)

 

宅配業者さんに渡す

指定した日の前日には段ボールの上部もしっかり閉じ、玄関に用意しておきましょう。

うっかり忘れていても、『宅本便』は集荷当日にメールでお知らせしてくれます。

当日、業者さんがやってこられたら荷物を渡すだけなのですが、ここで人によっては、業者さんにお伝えすべきことがあります。売るものが本だけじゃない人です。

CD、DVD、ゲームなどは割れやすいものなので、運んでもらうのに注意が必要。

なので業者さんに「CDが入ってます。」など一言伝えましょう。

するとワレモノとして運んでくださいます。

重い本を担いで颯爽と帰って行かれる宅配業者さんには感謝しかありません。

 

入金完了

今回の買取金額は、6154円。入金は集荷日から8日後でした。

 

 

これまで何度もネット買取のサービスを利用してきました。

ここ数年ほぼ 電子書籍ブックライブ を利用するようになり、きっと本を売るのは今回が最後。

思わぬ臨時収入にニヤけたり「え~これだけ売ってこの金額?」なんていう切ない思いをしたのも想い出です。

 

ブックオフオンライン以外にも、ネットオフというサービスもあり、どちらも手順としてはほぼ同じです。

しかも、ネットオフは最近サービス内容が変わりなんと会員登録ナシで買取の申し込みができるのだそうです。

これまで利用したことが無いサービスを利用するために会員登録するって何気にハードル高いですもんね。嬉しいサービスです。さすが上場企業!(関係ない・・・)

 

 

手順さえ分かってしまえば、とてもスムーズで便利なサービス。

会員登録しないで利用するのもアリですが、とりあえずサイトに会員登録しておくとクーポンが送られてきて買取金額がアップしたりするので、どちらの方法でいくかはアナタ次第です。

おうちの片づけができてお小遣いも手に入る。売ろうかなぁどうしようかなぁと迷っている方にはぜひおススメしたいです。

 



こちらのバナーをクリックするとブックオフオンラインの買取ページへ飛びます。

 


こちらのバナーをクリックするとネットオフの買取サービスへ飛びます。

会員登録無しでも買取申し込みができるのはこちらです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

よう

バスや電車は1時間に1本しか通らないほどの田舎在住40代ナマケモノ専業主婦。 人生後悔しないように、1年半前に仕事を辞め家で収入を得る生活にチェンジ。『好きなコトを好きなように好きなだけ』が座右の銘。